今回初めてインターネットでのビジネスを始めようと思いそのことを書いていこうと思います。

まず、インターネットビジネスを始めようと思った理由は借金の返済などで貯金もできずほしいものも買えない状況だったので副業で月に5万円でも稼げたらいいなと思い始めてみました。

始めるにあたってまずはネットビジネスの副業はどんなものがあるのかインターネットで調べてみました。
なかには怪しいようなサイトもたくさんありましたが口コミサイトをみたりその副業について調べてみたりしました。

そんな中かなり評判が良く、しっかり稼いでいる人もたくさんいるインターネットビジネスを発見しました。

株式会社RISE(ライズ)のView Money(ビュウマネー)

そのネットビジネスは株式会社RISE(ライズ)のView Money(ビュウマネー)というネットビジネスでした。

このView Money(ビュウマネー)は石田充という方が考案者でネットビジネス初心者でも稼げることができるような簡単なネットビジネスを考案したと書いてあり、それも魅力だとおもいました。

View Money(ビュウマネー)を始めるにあたって株式会社RISE(ライズ)について調べてみました。
株式会社RISE(ライズ)は代表者が鷲尾妙美という方でIT関係の会社でした。
オシャレなホームページがでてきて株式会社RISE(ライズ)の概要はしっかりでてきたので大丈夫そうだなと思い始めました。

実際に色々しらべて思ったことは本当にこんな簡単な作業でお金が入るのかということでした。
もちろん初めは初心者なのでわからないこともありましたが、石田充さんや代表者の鷲尾妙美さんのサポートがかなり優秀という事がわかりました。

始めて数日で収益が出る方も多いようですね。
これだったらネットビジネス初心者やパソコンが使えない方でも簡単に始めることができると思います。

石田充さん、鷲尾妙美さんのサポートの対応も、とても丁寧で逆に初心者向けのネットビジネスと言えます。

私はネットビジネスをはじめて間もないですが、今は毎月収入が入って来るようになっています。

半年前には月に少しでももらえればいいなと思っていましたが、毎月稼げるなんて思ってもいませんでした。

これからネットビジネスを始めようと思っている人はもちろんですが、副業でなにか始めたいと思っている方は是非参考にしてみてください。

ネットビジネスにツールは必要か?

通常のビジネスでは、色々な道具も使っていく事になります。

会社で働くなら、作業用の道具なども使用する事になるでしょう。

ネットビジネスは、特に道具がなくても始められるメリットはあります。しかしツールを活用していく方が稼げる傾向があります。

道具は使わないネットビジネス

会社で働く時は、色々とツールや道具を使うのが一般的です。

例えば建設業で働くなら、建設用の工具を使っていく事になるでしょう。営業職なら顧客名簿や電話やパソコンなどを使いますし、運送業ならトラックを使う事になります。大部分の仕事では、何か道具を使う訳です。

ネットビジネスの場合は、必ずしも道具を使用するとは限りません。内容によっては、特に道具がなくても稼ぐ事は可能だからです。

例えば記事作成というネットビジネスがあります。そのビジネスの場合は、サイトに登録をしたり、メールなどで仕事を受注するのが一般的です。

それ以外は、特に専門的な道具を使用する訳ではありません。厳密にはパソコンやスマホは使用しますが、せいぜいその程度です。
記事作成だけでなく、特に道具が必要ないネットビジネスは沢山あります。

パソコンやスマホの色々なツール

ところでパソコンやスマホには、様々なツールがあります。

ホームページを作成するなら、専用ソフトやツールなどを使うのが一般的です。また画像を制作するなら、画像ソフトなどがあります。

その他にも、コピペの有無を確認するツールもあれば、売買などを効率化してくれるツールもあります。
ツールは、それぞれ利用料金も異なります。ホームページ作成ソフトなどは、たいてい有料です。

ツールがある方が稼げるネットビジネス

上述の通り、ネットビジネスは道具などを準備する必要はありません。しかし上記のツールを使用する方が、作業効率は良くなる傾向があります。
例えば記事作成の仕事の場合、やはりコピペを確認できる方が便利です。自分が納品した記事のコピペを疑われるのも困りますので、コピペ確認用のツールは使用する方が良いでしょう。
ホームページ作成も同様です。実は何もツールを使わなくても、ホームページを作成する事は可能です。しかしツールを使わないのは、かなり時間がかかります。HTMLタグを全て手入力するのは、膨大な時間が必要です。ですが作成ソフトを使用すれば、かなり作業時間を短縮する事ができます。
確かに使用するツールによっては、有料にはなります。しかしネットビジネスで稼ぎたいなら、やはり作業を効率化してくれるツールは、使用する方が良いでしょう。

働き改革でかわる副業

この数年で、ワークスタイルが大きく変化してきています。
ビジネス業界では、「働き方改革」という名の下に、働く形態や意識が大きく変わってきて行こうとしています。
昔であれば、目標のスケジュールに合わせて仕事の締め切りを間に合わせるべく残業も厭わないという意識や風潮がありましたが、今では全く異なっています。
決められた就業時間内で仕事を完成させること。
これが現代スタイルの仕事のあり方です。
このような流れの中で「在宅ワーク」と「副業」というキーワードが注目されてきました。

興味はあるけど、あまりよくわからないという人はこちらも是非参考にしてみてください。

在宅ワークとは?

「在宅ワーク」とは、自宅にいながらに仕事をすることです。
企業の中には、社員がオフィスに出社しなくても、自宅で働くことができるような制度を取り入れているところが増えてきました。
在宅ワークのメリットは、社員からみると、オフィスまでの通勤時間という拘束から解放されることや、家事との両立などがあります。
一方、会社側もメリットがあります。
通勤費用の節約、労働時間の短縮などです。
現状では「在宅ワーク」と「オフィス勤務」の比率はまだまた、在宅ワークの方が少ないのですが、これからますますこの比率が変わってくることと思われます。
そして、「在宅ワーク」だけでなく、他にもワークスタイルの変化が見られます。
それは「副業」というジャンルです。
いわゆるサイドビジネスですが、「在宅ワーク」の中で、「副業」に取り組む人達も増えてきています。
自宅にいながら、本業である「会社の仕事」をこなしながら、「副業」をするダブルワークをしているのです。
これが、「在宅ワーク」のトレンドと言っても過言ではないでしょう。

在宅ワークが増えてきた背景

在宅ワークが増えてきた背景には、前述のような「ワークスタイルの変化」が挙げられます。
しかし、それだけではありません。
インターネットなどの通信インフラの普及も一役買っているのです。
インターネットは、20年前と比べて格段にスピードや品質が向上してきました。
自宅では、光回線、Wi-Fiを使い、色々なことができるようになりました。
情報検索やメールといったベーシックとも言える使い勝手に加えて、さらに動画コンテンツの視聴やアップロード、SNSなどの利用もサクサクとできるようになりました。
これは、家の中だけではなく、外でもインターネットが繋がる環境があれば、同じことができます。
公衆Wi-Fi、LTE などを使い外でも仕事ができるようになっています。
このような通信環境も、自宅や外で、「モバイルワーク」をするための必要不可欠なインフラとして存在していることが、「在宅ワーク」を含むワークスタイルの変化を後押ししているのです。

副業が増えてきた理由

「在宅ワーク」が増えてきたことに呼応するかのごとくに、「副業」も増えた来ました。
これもインターネットなどの通信インフラの普及が大きく起因しているのですが、それと同時に企業や社員の意識も変わってきていることが影響しています。
数年前までは、副業を禁止している企業が大半だったのですが、今ではそのハードルが低くなってきています。
本業の給与は下がるものの、副業を認めることで、人件費の削減に繋がるメリットが、企業側にあります。
また、社員からすると、オフィスに行く必要がないことや自分のペースで仕事ができることが、大きな魅力です。
これも副業が増えている理由なのです。
それまでの副業と言うと、アルバイト感覚で、コンビニや居酒屋などで働くことがことや、他のオフィスワークの掛け持ち的なイメージがあったのですが、今ではインターネットを活用した副業ができることが、在宅ワークでの副業のトレンドと言えるでしょう。
しかも、インターネット活用型の副業は、空いている時間を有効活用することができます。
いわゆるスキマ時間の活用です。
このようなメリットがあることも、在宅ワーク、副業に拍車をかけています。

在宅ワークでの副業にはどのような種類がある?

では、在宅ワークでの副業には、どのような仕事があるのでしょうか?
インターネットを活用した仕事ではありますが、実に多岐に渡っています。
その中でも在宅ワークとしてできる主な副業の種類を紹介していきます。

データ入力

在宅ワークでネットで紹介されているのが、「データ入力」です。
仕事の内容はらパソコンとExcelなどの表計算ソフトなどを使って、指示されたデータを入力していく仕事です。
この「データ入力」の仕事にはデータインプットだけではなく、データの並べ替え、集計、抽出といったデータ加工の作業なども含まれています。
この仕事には、ある程度のパソコンのキーボード操作のスキルやタイピングのスピードが重要な要素ですが、正確な入力も要求されます。
依頼される仕事の内容によっては、情報収集や情報編集・加工のスキルも必要になってきます。
しかし、オフィスで働いている人は、パソコン操作や情報収集に慣れていることが多いので、おすすめの仕事と言えます。

ライティング(執筆作業)

この数年で爆発的に増えている仕事が「ライティング」という執筆作業の仕事です。
仕事内容としては、商品の利用体験のコメントやレビュー、ブログ・雑誌などの記事の執筆です。
依頼主から指示された文章を入力するのではなく、指定されたテーマで自分の体験や、ネット上の情報をまとめて記事にするような案件が多いのが特徴です。
ライティングには、パソコンのタイピングスキル、文章作成スキルが必要になってきますし、中にはデータ入力以上に情報を収集して、その情報を整理して編集するスキルも必要となってきます。
また、インターネットに公開されている類似記事などの著作権関係の問題もあるため、複写利用可否に対する判断や責任感も必要となってきます。
この仕事は、在宅ワークの求人サイトやクラウドソーシングサイトなどで見つけることができますので、他の仕事に比べて仕事の募集案件が多いことも特徴でしょう。

アフィリエイト

アフィリエイトは、副業の中で最も知名度の高い仕事ょう。
この仕事の内容は、色々な商品やサービスを売りたい企業と提携して、その商品を企業を代行して消費者に紹介する仕事です。
「アフィリエイトビジネス」という言葉が確立されているほどなのですが、具体的な仕事の進め方は、企業と個人が直接、業務提携をすることが難しいために、仲介役として「アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP )と呼ばれる仲介業者を介してやり取りすることになります。
商品を販売したい企業は、ASPに登録し、それを紹介・販売をしてくれる人を依頼します。
企業の商品を紹介斡旋、販売をして収入を稼ぎたい人は、ASPに登た後、その中から売りたい商品を決めて、その商品を自分のブログなどで紹介します。
ブログを見た人が紹介されている商品をクリックして、そこから商品をしててくれた時に、紹介料として報酬が支払われることになります。
この仕事は、誰でも自宅にいながらできる仕事として大変人気のある仕事です。
特別なスキルは必要ありませんが、ブログの記事を書く程度のスキルは欲しいところです。
尚、自分の専用のブログを準備することはそんなに難しくはありませんので、取り組みやすい仕事です。

せどり

せどりというのは、いわゆる転売ビジネスのことであり、誰もが手軽に実践できるため、老若男女を問わずに人気となっています。

せどりを始めるにあたっては、その他の副業に見られるような専門知識や技術は必要ありません。必要なのは、本人のやる気とセンスだけです。経験は少しずつ積んでいけば、何が売れて、何が売れないのか、といったことを徐々に把握することができるでしょう。

さて、せどりを始めるにあたって特に重要になってくるのが、商材です。要は、転売する商品ですが、最初のうちは、これといったジャンルを一つ決めて、それを中心に実践していった方が無難です。

あれもこれもと、いろんな商材に手を出してしまうと、前述の何が売れて、何が売れないのか、といったことがなかなか把握できません。まずは一つのジャンルに特化し、そこから、売れる商品と売れない商品を見極めてったほうが無難だといえるでしょう。

とはいえ、漠然とせどりをやってみよう、と考えている方にとっては、一つの商材を厳選するのは難しいですよね。その場合、個人的には衣類の転売をお勧めしています。なぜなら、衣類の場合、仕入れ先が豊富にありますし、仕入れ値もかなりお安くなる傾向があるからです。

仕入れ先として重宝するのは、なんといってもリサイクルショップです。2000年初頭からリサイクルショップが爆発的に普及し、街のあちこちで見かけるようになりました。あなたの街にもいくつかのリサイクルショップがあるかと思います。そちらのリサイクルショップで、衣類をゲットしてきましょう。

セールを活用すれば、数百円単位でゲットできるので、お得ですよ。これをフリマアプリであったりオークションであったりに出品するのです。いかがでしょうか。至ってシンプルで、至って簡単な手法ですよね。

ただし問題なのは、仕入れてきた商品が売れるのかどうか、といった点です。これこそが最も重要な点であり、せっかく安く仕入れてきた商品でもさばけなければ、ただの損失になってしまいます。そのあたりの、センスは徐々に磨いていくしか方法はありません。

トレンドを把握し、サイズ、状態、ブランドなどを見極める、要は目利きの力を養っていきましょう。この過程も又、せどりの醍醐味であり、自分が仕入れてきた商品が売れた時には、この上ない満足感に満たされることでしょう。このあたりのことに目を向けて、日々やりがいを持っており組めば、安定した利益を上げられようになるはずです。

副業で安定的に収入を得るために

在宅ワークで自分のできそうな仕事を副業とできても、気になるのは、やはり、
「どの程度稼ぐことができるか?」
ということでしょう。
データ入力は、比較的簡単な反面、単価が安くで次に月2、3万円程度といったところです。
ライティングになると、月5、6万円が平均的なレベルですが、実績や経験を積んで来ると、固定の依頼主ができて、定期的に高額単価の記事を書くことができるようになり、月に10万円を越えることもよくあります。
アフィリエイトは、起動に乗り始めると、月に数十万円というレベルの収入になります。
本業の収入を越えるケースもあります。
但し、そこまでのレベルに到達するためにはそれなりの月日が必要なので、途中で挫折して止めてしまう人が、大半なのです。

いくつかの副業を掛け持つことも成功法

在宅ワークで一定の収入を稼ぐためには、いくつかの副業に取り組むこともおすすめです。
ここでは、ライティングやアフィリエイトを取り上げましたが、仕事の内容としては、文章を書くことが共通しています。
アフィリエイトでは、自分のブログで紹介する時に紹介記事を書くことになります。
在宅ワークで副業を始めるなら、ライティングで一定の収入を確保しつつ、アフィリエイトをコツコツと続けて、実績を積み重ねることも現状的な副業の成功法です。

在宅ワークをする意味

在宅ワークの種類は、上記で説明したように様々です。

内職系は物品を代行して生産し、それを販売委託業社に納品するかたちになります。販売の収益のパーセンテージを受け取る仕組みです。このあたりの、内職系物販は、そのサイト運営なり、販売の仕組みから、売れているところと、普通のところにわかれますが、実際、その募集要項の強豪との差があるために、一律して、在宅での一時間あたりの収入は限られてきます。

そして、通信系の場合では、ネットコミュニケーションや、FAX、ネット電話を通して、遠隔で働く仕組みになります。遠隔で働くというのは、その業者が信頼して在宅での仕事を任せている形になりますので、その納品期日なりの厳守が、極めて要求される仕事になります。通信系とは言っても、実際コミュニケーターとしての力量を買われる場合には、ひとつのスキルとして認識されますので、充分に外勤を積んだ人が、そのスキルに見合った仕事を要求されます。

在宅ワークをする意味としては、在宅であるから、ゆっくりできると考えると大間違いになります。在宅では、普通の家事の仕事や、日常生活の雑多な仕事と重なりますから、時間管理を徹底しないと、日常に埋没してしまい、うまく在宅での仕事ができなくなります。つまり、会社に行って仕事をするほうが、生産効率が高くなるというのは常識的な考えになるのです。

ですので、在宅で会社内と同じような生産性を保つようにするには、それだけのスキルが必要です。そして、いつも、状況の連絡として、自分のリーダーに近況報告をしなくてはなりません。仕事の進捗状況や問題、そして質問事項などをまとめて送信し、その反応を待たなくてはならないのです。ですから、在宅ワークで食っていこうとするなら、通常の会社内のしごとが人並み以上に優れていないと無理だという言い方ができます。

そして、自分自身の生活に依りどころがある場合でも、その収益体系の不安定さは否めませんので、実際は、会社づとめをしてサラリーを貰ったほうがいいという感覚がつきものです。また、スキルの中でも個人事務所の中で資格を活かして仕事をする場合があります。この際は関係取引先との連絡が急務になりますので、ビジネス対応がちゃんとできる仕事士でなくてはなりません。

在宅ワークは本業になるか

在宅ワークは本業になるかとの問は、極めて難易度の高い問題です。これはいつの時代からも言われていることで、いうなれば、事務所経営をしている人が、在宅の場所で運営をしていることぐらいが、妥当と言えます。そして、相当のスキルのある人で、特殊技能のある人は、PCを使用して家で仕事をします。

その場合は、身体障害者用のプログラムなどが有り、翻訳業などで稼ぐことができますが、その在宅ワーク一本で生計を立てるとなると、やはりこれも副業としての認識が一致するところです。

そして、在宅ワークは基本的にコミュニケーションスキルが要求されるので、在宅ワークの中でも、スキルとしてのコミュニケーション力が、会社づとめをしているときに優秀であったことが前提となります。特に面と向かって話すようなビジネストークの限りではないので、電話やメールを駆使して、関係業者と信頼関係を求めなくてはなりません。そして、そのコミュニケーションの中でも、ストレスはつきものなのです。

要するに自宅に会社のオフィスと同じストレス環境を作るようなものです。これはサイドビジネスとして認識しなければ、自宅での私生活が大変なことになってしまいます。

在宅ワークを賢くやっていくにあたって、副業を他に持って、在宅ワークでの副業を2つ以上持とうとする、部分的な集合の働き方があります。つまり、副業であるので、サラリーマン・ウーマンのような手取りが入ってきにくい仕組みがあるのです。

ですから、副業同士をうまく連鎖させて仕事をしていくふうに仕上げます。これは、副業管理の中でも、事業収入とほかの収入があるというタイプで税金処理のできるものなので、安心できます。ですので、個人で仕事をしていくのであれば、それでも、会社形態の業者と取引をして、そのアルバイト的な給与体系に依存するのであれば、副業の連鎖として、なんとか生計を維持できるクラスはあるでしょう。

ですが、その際は、副業のスキルとして、2つ以上のスキルをもっていなくてはならず、そのスキルは一般会社づとめする以上の力量がなくてはなりません。注文を受け取るには、依頼されることが寛容ですが、そのスキルの評判がなくては、仕事は舞い込んで来ないからになります。

在宅ワークの未来

在宅ワークに未来はあるのかという問いには、インターネットの普及によって電話代を気にしての仕事や、FAX送受信の面倒さからは確かに変わってきている風潮はあります。それは、PCを利用した仕事として、仕事の依頼分が来やすくなっているという点です。ただし、仕事を納品しても未確認の収益体系になることも多いので、充分にコミュニケーションの取り方には注意しましょう。

そして、コミュニケーションが問題で、取引が停止状態になってしまうことも有りえますから、通常のビジネス対応に全く問題がないくらいに、営業職でも軽くこなせる状態であることを確認してください。

そして、スキルとしてその在宅ワークの会社に登録されるのであれば、そのスキルを定期的にアップさせていかなくてはなりません。通信式の在宅ワークであれば、その仕事の単価アップをねらって、入念に仕事を納めなくてはならないのです。この仕事率としての収入に入ってくる成果が、在宅ワークの楽しみになります。

そして、それで生活をしていこうとするのであれば、パートナーシップとしての、仕事感が必要になります。これは、会社づとめをしていても同じことですので、在宅ワークではその関係性をうまくつなぎとめることも一つの仕事になります。

在宅でなにができるという仕組みは、確かに難しいのが集金体系に関してになります。自分の生計を在宅ワークに依存しきってしまうのには、やはり猛烈な仕事のこなしようが必要になります。通常、仕事は会社で行うのですが、そこでの激務の結果、毎月のサラリーが入ってくる仕組みです。

在宅ワークではそれが副業として、生活の余暇の面では比較的自由になるのですが、その分、拘束されていることに対する対価が会社内勤ほどはいってきませんので、拘束時間が縛られない分、そして通勤時間がないぶんだけ、よほど一生懸命に働かないと、生計を維持できません。

そして、仕事の注文を受け取る段階においても、ビジネススキルが必要ですし、その仕事の結果のスキルをあげていって、在宅ワークの未来があるといえるのです。
そして、私生活においても失敗があってはなりません。私生活における仕事のバランスを上手く考えて、在宅ワークでの収入を生活に活かすようにします。

このぐらいの仕事師でなくては、在宅で食べてはいけないというくらいのものですので、在宅でも暇がないくらい仕事をしていれば、事務所経営に移ることも可能です。事務所経営になるとコワーカーが生じてきますので、作業を分担することもかのうになります。あとは、仕事は人間同士のコミュニケーションが元になるので、協力者どうしの友情を大事にして仕事をすることも必要です。